肩こりと薄毛の関連性

肩こりに悩まされている女性は少なくありません。
この肩こりが、薄毛と関係があるケースもあるんです。
肩こりは頭から首・肩にかけての筋肉がこわばり、血流が悪くなることで起こります。
この状態が続くと頭部への血流も低下し、頭皮の血行が悪くなります。
また、肩こりの症状がある人は頭の筋肉もこわばっていることが多く、頭皮も固いことがあります。これも頭皮の血行不良につながります。
髪の毛の元となる毛母細胞へは血液によって栄養や酸素などが運ばれますが、頭皮の血行不良によりこれが阻害され、毛母細胞へ十分な栄養や酸素が行き渡らなくなります。また同時に老廃物の排出も上手くいかなくなります。
こうなると髪が抜けやすくなったり髪の毛が細くなったりして、薄毛になってしまいます。
さらに、いつも肩がこっていると言う人は、慢性的にストレスをためていることが多いです。
ストレスは髪の毛の最大の敵。自律神経やホルモンのバランスを乱し、抜け毛や薄毛の原因となります。
その上、ストレスが無茶食いにつながると皮脂の分泌が過剰になってしまい、これも抜け毛につながるのです。
こうした点から、肩こりは薄毛のバロメーターとも言えます。
肩こりを解消して血行を改善させることで、髪の毛の健康を守りましょう。
デスクワークの人の場合、どうしても肩こりになりがちです。
座った状態でパソコン作業などを長くすると、頭や腕の位置から首の筋肉に負担がかかり、目の疲労を招き、肩こりになります。
ときどきオフィスでもできるストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしましょう。
また、体を冷やしたり体にフィットしない服を着ない、ショルダーバッグはときどき持ち替え両方の肩を均等に使う、無理なダイエットをしないなども、肩こりを防ぐために大切です。
さらに質の良い睡眠をとり、しっかりとストレスを解消しましょう。